二重装備・実戦投入

このレポートは平成11年に極み屋本店で公表されていたレポートのリメイクバージョンです。

【二重装備されたパーツの特徴】

二重装備した武器が、素直に動作しないところが私は面白いと感じたんですけど・・・皆さんはどうでしょう?

上記の通り、二重装備されたパーツの一部は正常に動作しません。
通常通り動作するパーツは以下の通りです。
  • レーダー類
  • 爆雷(2つとも)
  • ロケット弾(全部)
ただし例外もあります。それについては、後で解説します。
では、この3種類以外はどのように変化するかというと、基本的には下に向かって弾を射出するようになります。
その影響をもろに受けているのがキャノン系の武器です。
普通に正面を向いている状態でも、弾はほぼ真下に飛んでいきます。
地上でWC-01QLなどのキャノンを撃つと、地面に着弾し自分がダメージをうけることになります。
そしてミサイル系も同じく下に射出されます。
地上で普通に撃つと地面に当たってしまいます。

そんな訳で通常装備時と同じように使っていたのでは、とてもじゃないが使えたもんじゃありません。
では、どう使えば良いかを次から説明します。

【二重装備ミサイルの使い方】

とにかく地上で使うことは不可能なので、飛んで使います。
飛んで使えばミサイルは地上に当たる前に軌道修正するので、相手に向かって飛んでいきます。
また、下方向に射出されることを利用して、相手の死角である頭上から狙い撃つこともできます。
これは通常装備時では当たらないような角度からでも、当てることができるのでかなり有効だと思います。
さらに空対空の状況下だと、ミサイルが下からすくい上げるように飛んでいくので、相手としてはかなり対処しにくいと思います。

しかし、二重装備ミサイルの真の力はWM-P4001(左右2発同時)かWM-PS-2(縦3発同時)を装備したときに発揮されます。
まず、WX-S800/2(両肩2発同時)かXCS-9900(両肩マルチ)と組み合わせた場合WM-P4001(左右2発同時)は下の図のようにミサイルを射出します。

横から見た図 上から見た図

1発は普通に(?)まっすぐ飛んでいきますが、もう1発は何故か自機の遥か下から射出されます。
しかも横向きに射出されているらしく、円を描いて相手に向かっていきます。
ただし、自機と下から射出されるミサイルとの距離は結構あるので、かなり上昇する必要があります。

次に、WM-PS-2(縦3発同時)はWX-S800/2(両肩2発同時)かXCS-9900(両肩マルチ)と組み合わせた場合、下の図のようにミサイルを射出します。

上から見た図

1発はまっすぐ飛んでいきますが、残りの2発は何故か仕組まれたかのごとく左右に迂回して飛んでいきます。
ただし、そのうちの1発はWM-P4001(左右2発同時)と同じように遥か下から射出されます。

まぁ、ここまで説明すれば賢明なレイヴン諸君は解ると思いますが、狙われる側としては「て、敵は一機ではなかったのかー!」って感じです。
勿論、ミサイル表示機能を搭載しているACのレーダーには理不尽な軌道を描いて自分に向かってくるピンク色の点が、しっかりと表示されます。

では最後に、WX-S800-GF(両肩6発同時)との組み合わせではどうなるかというと、残念ながら大した変化はありません。
WM-P4001(左右2発同時)は通常装備時左右に分かれて飛ぶミサイルが二重装備時には縦に分かれて飛んでいくだけです。
WM-PS-2(縦3発同時)は、なんか少し変ですがほとんど変化ありません。

あっ、そうそう、土遁している相手に下から射出されるミサイルを地上から当てることができます。
決定力に欠けるので、大して役には立ちませんが・・・

【二重装備キャノンの使い方】

キャノンはミサイルと違って軌道修正しないので、相手に当てることは非常に困難です。
WC-01QL(見た感じプラズマキャノンなんだけど説明文ではレーザーキャノンとか書かれているヤツ)を相手の頭上から連射して「空爆!」とか言って遊ぶのも良いんですが、素直に通常装備して普通に狙った方が全然効果的です。(でも爆雷よりかはマシ)

そんなわけで、キャノンは特殊なモノのみ解説します。
特殊なことができるキャノンは、WC-GN230(グレネードランチャー) とWC-CN35(チェーンガン)の二つです。
どーでも良い事ですがWC-GN230(グレネードランチャー)って、とことんバグ技に縁がある武器だと思いますね。(壁抜けキャノンなど
宿命なんでしょうか?(^-^;)

んで、最初はWX-S800/2(両肩2発同時)かXCS-9900(両肩マルチ)と組み合わせた場合の解説をします。
まず、WC-GN230(グレネードランチャー)は下の図のように射出されます。

二脚 四脚・キャタピラ
横から見た図 上から見た図

弾は自機のかなり下から射出されますが、壁抜けキャノンで地上に出てきます。
視点を上下させることで、飛んでいく方向を変えることができます。
強化人間なら空中で撃って、その反動を利用して急降下することも可能です。
通常装備でもできるけど・・・(禁句)
四脚 ・キャタピラは、上を向いて撃たないように。
自分に向かって弾が飛んできます。(^-^;)

さて、このキャノンの使い道は・・・
んー・・・背後から斬りつけられた時とかー・・・ビルの上に相手がいる時とかぁー・・・上手く視点移動して相手の背後から弾が飛んでくるようにしたりとかー・・・
はっ!・・・つ、つかえねー!(ばか)

次にWC-CN35(チェーンガン)の場合ですが、これも同じ弾道で飛んでいきます。
ただし壁抜けキャノンができないので、さらに使えません。(^-^;)

では、残りのWX-S800-GF(6発同時)と組み合わせた場合の解説をします。
WC-GN230(グレネードランチャー)は、下の図のように射出されます。

二脚 四脚・キャタピラ
横から見た図 横から見た図

この図の意味が解ってもらえるでしょうか?
解りやすく書くと、「弾がワープする。」って事です。
弾が飛んでいくのではなく、いきなり空間に出現するんです。
そんで少しすると爆発します。
・・・いやはや、アーマード・コア恐るべしって感じですね。(^o^;)

さらに!WC-CN35(チェーンガン)の場合はもっとすごいです!
なんと夢の武器「空砲」が実現可能です!(オイヲイ・・・)
音はすれども姿は見えず!夢のようだ!(夢であってくれ・・・)
私も一生懸命さがしたんですが、結局どこに射出されているのか解りませんでした。
おそらくWC-GN230と同じ位置だと思うのですが・・・
もし見付けた方がいましたら、教えてください。(T-T)

最後に、神業ですが以上のことを利用して土遁する相手に対抗することが出来ます。
素直に負けるのがイヤな人は、これで足掻きましょう。

【実は、普通に使えるんです・・・】

って言っても、勿論条件があります。
キャノンに限って、しかもWC-GN230(グレネードランチャー) とWC-CN35(チェーンガン)以外を四脚とキャタピラが二重装備した場合に限り、通常通り使うことが出来るようです。
あとは、ひねくれたまんまです。

【おわり】

以上で二重装備の説明を終わります。
皆さんには是非、空間移動砲を極めてもらいたいですね。(^-^;)
以上!

<<